日本医療機能評価機構認定病院

HOME > リハビリテーション科痙縮外来(ボツリヌス療法)

リハビリテーション科 痙縮外来(ボツリヌス療法)を開始しました

毎週、月曜日の午前診でH29年4月より開始しました。
ボツリヌス療法により、手足の筋肉が軟らかくなることで、日常生活やリハビリが行いやすくなることが期待できます。



ボツリヌス療法とは

★ ボツリヌス菌の作り出す天然たんぱく質(ボツリヌストキシン)を有効成分とする薬を筋肉内に注射する治療法です。
★ ボツリヌス菌そのものを注射するわけではないので、ボツリヌス菌に感染する危険性はありません。
★ ボツリヌス療法の効果は、通常3~4ヶ月持続し、徐々に消失します。
★ リハビリとセットで行うことで効果を発揮します。



主な注射部位

    手(上肢)                   足(下肢)

・注射部位は症状により異なります。
・筋肉注射です。



対象

主に脳卒中の後遺症で手足のつっぱり(痙縮)がある方。



痙縮の症状

脳卒中や、脳の外傷など、手足が自分の意志に反してつっぱり、力が抜けにくくなる症状です。



期待できること

・手足の筋肉がやわらかくなり、日常生活動作が行いやすくなる。
・つっぱりがやわらぐことで、リハビリの効果がさらに期待できる。
・痛みがやわらぐ。(つっぱりによる痛み)



費用について

・痙縮の治療は保険が適用されます。
・注射を行う部位や範囲によって費用が異なります。



治療のステップ

① 診療

ボツリヌス療法を受けられるかどうか、診察によって判断します。

② 治療計画

つっぱりのある筋肉に注射します。

③ 初回治療

「いま困っていること」「何をできるようになりたいのか」といった点について、医師と相談し、治療の計画を立てます。

④ 受診(1~2回)

治療後の症状について、医師と相談し、次回治療の必要性を決定します。

⑤ 治療(2回目)

経過観察を経て効果が弱まってきたら、2回目の治療を行います。 以降は経過観察と治療を繰り返します。

※初回治療から2回目の治療までの期間は約3~4ヶ月です。



リハビリテーション科 痙縮外来(ボツリヌス療法)お問合せ

毎週月曜日の9:00~12:00に診察を行っております。



ページトップへ