リハビリテーション科のご案内

HOME > リハビリテーション部のご案内

当院のリハビリテーション部の特徴

地域トップクラスのスタッフ数

国家資格を有しているリハビリ専門スタッフが総勢100名以上在籍しており、患者様一人ひとりに合わせた質の高いリハビリを提供しております。
(それぞれの専門職についてはこちら)

多くのスタッフが在籍していることを活かし、「入院部門」だけではなく、「外来部門」「在宅部門」などを設置。それぞれの患者様の状況に合わせたリハビリを提供しております。
(詳しくはこちら)



リハビリスタッフ(一部)

広いリハビリスペース

当院では600㎡を超える広々としたリハビリスペースで日々多くの方々が様々なリハビリを受けられています。



リハビリ室

リハビリ室


リハビリ室

和室


リハビリガーデン

リハビリガーデン

最高基準の施設基準

当院では、治療・訓練をするにあたり必要な訓練室の広さ、訓練機器、専門スタッフ数など一定の要件を満たすことで国から認可される脳血管等リハビリテーション(Ⅰ)、運動器リハビリテーション(Ⅰ)、呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)を取得しています。
いずれも最高基準となっています。

研修会の推進

患者様により良いリハビリを提供するために研修会への参加や研究発表などを行い、スタッフの技術や知識の向上に努めています。
※現在、3学会合同呼吸療法認定士、糖尿病療養認定士、福祉住環境コーディネーター2級、地域包括ケア推進リーダー、介護予防推進リーダー等の資格取得者が在籍しています。



地域活動の推進
地域での啓発活動にも力を入れています。リハビリスタッフが外部施設等に訪問し、健康状態の維持・改善に向けた指導をしています。

地域での啓発活動の様子


関西医科大学付属病院との連携

開催医科大学附属病院と連携し、リハビリ診察や装具外来、ボツリヌス療法などを積極的におこなっています。今後は、臨床研究などにも力を入れてリハビリ技術や質の向上を目指していきます。

実習生受け入れ制度

実習生の受け入れを積極的に行っており、年間約15校、60名程度の実習生を受け入れています。後進の育成にも力を入れています。

リハビリの効果を更に高める専用の機器が充実しています


低周波治療機
電気刺激により循環の改善や、
筋肉をほぐすなどの効果があります。

リハビリ室
深部の筋肉を温めます。
筋肉を柔らかくする効果が期待されます。


渦流浴(左:上肢用、右:下肢用)
お湯と水流により、手足の循環改善や
筋肉を柔らかくする効果があります。

エルゴメーター
主に足の筋力トレーニングや
体力をつける目的で使用します。


牽引機器(左:頚椎用、右:腰椎用)
頸部や腰を引っ張ることで血流の
改善や筋肉をほぐす効果があります。

各課の紹介

 当院では、「理学療法」「作業療法」「言語聴覚療法」それぞれの国家資格を有する、専門的な知識や技術を持つスタッフが在籍しております。

理学療法課

 身体障害のある方に対して日常生活動作の改善、最終的には生活の質の向上を目的とし、立つ・歩くといった基本動作を中心とした運動療法・物理療法を行っていきます。
※運動療法:手足の筋肉を強化する、関節を動きやすくする、立位訓練、歩行訓練といった運動を中心に行います。
 物理療法:温める、冷やす、電気刺激を与える、腰や首の牽引(引っ張る)等を行います。

作業療法課

 食事・整容・更衣・排泄・入浴などの日常生活動作や家事動作の再獲得や手芸・アクティビティなどの作業活動を通して身体と心のリハビリを行います。

言語聴覚療法課

 聴く・話す・読む・書く事が困難になった方、麻痺等により発音しづらくなった方に対して訓練を行う治療者の事です。
 また、食べること・飲むことが困難となた方に対しても訓練を実施しております。

ページトップへ