診療科・部門案内

HOME > 診療科・部門のご案内

診療科・部門のご案内

外科

担当:吉岡部長・林部長・田中部長

当院外科では一般・消化器外科、乳腺・内分泌外科、末梢血管外科を中心に診療にあたっております。一般外傷や交通事故につきましても第二次救急病院として積極的に受け入れております。分かりやすい説明と丁寧な診療を心がけ、地域の皆様に信頼して掛っていただけますよう努力いたしますので、これからもよろしくお願いいたします。

当院外科における具体的な診療内容
一般外科
  • ヘルニア(俗に言われる「脱腸」で臍や股のところにできる膨らみ)の治療
  • 痔疾患の治療
  • 皮膚腫瘍・膿瘍・巻き爪・イボ・ホクロ・ウオノメ等
消化器外科
  • 胃、小腸、大腸を中心とした消化管の良・悪性疾患
  • 胆石・胆嚢炎を中心とした、胆嚢、肝、膵、脾臓の一般疾患
乳腺・内分泌外科
  • 良性乳腺腫瘍、乳癌を中心とする乳腺疾患の治療
  • 甲状腺疾患の手術治療
末梢血管外科
  • 下肢静脈瘤を中心とする、末梢動・静脈疾患の治療
一般・交通外傷
  • 一般外傷、熱傷、交通事故外傷等の治療
英語による診療
英語での診療経験のある医師も在籍しており、英語による外科やプライマリケアの診療が可能ですので、診療を希望される方がおられましたら御相談ください。

呼吸器外科

担当:傍島顧問

胸部外科、とくに呼吸器外科医として手術を中心に呼吸器全般の診療に研鑽して参りましたが、医者となり立ての時期に東洋医学と出会い、その頃より東西両洋医学による全人格的医療に心掛けて居ります。

整形外科

担当:岡本(主任部長・股関節センター長・手術部部長)・塩路部長・小林医員

当院の地域医療に貢献するという方針のもと、地域の皆様のかかりつけ医として、患者様1人1人の状態に合わせて、薬剤治療、注射治療、リハビリ治療、装具治療、手術治療を組み合わせ、最善の治療を提供できるように努力しております。また微力ながらも、地域の基幹病院としての働きを果たすために、積極的に救急車、外傷や骨折などの受け入れと、高齢化社会に伴い増加している変形性関節症の治療に対して、救命センターや股関節外科医としての勤務経験を活かして治療を行っております。 特に股関節治療に関しては、2015年4月にみどり会枚方股関節センターを開設し、専門的に取り組んでおります。2016年4月には足の外科・スポーツを専門とする塩路医師が就任し、下肢の慢性疾患すべてに対して対応可能となりました。 ただ、容易に手術治療を選択するのでなく、患者様と十分に話し合い、リハビリ治療を提供し効果を十分に評価した上で、手術治療を選択するように心がけております。また、手術治療はあくまで治療の始まりであり、しっかりとしたリハビリ治療との組み合わせでこそ効果を十分に発揮すると考えており、術後リハビリ治療には特に力をいれて行っております。 整形外科疾患全般に対して、「無理」という前に「なんとかできなだろうか?」のスタンスで行っております。もしお困りの方がおられましたら、一度外来受診の上ご相談ください。


麻酔科

担当:吉岡部長

麻酔科と言いますと、一般の方にはなじみの少ない科だと思いますが、手術の時に痛みが無く、円滑に進み、術後も苦痛が少なくなるように周術期の患者様をサポートする、縁の下の力持ち的な専門分野です。中村病院では、麻酔科医が主治医とコミュニケーションをとりながら術前の診察から、術中、術後の全身管理に関しまして、患者様が安心して最善の状態で手術に臨んでいただけますように努めております。
また、当院では標準的な麻酔器と最新の麻酔モニター装置を備え、近年著しく進歩してきている麻酔薬や、術後には鎮痛薬の硬膜外や静脈持続投与療法を積極的に使用し、患者様の術後の苦痛が最少になり、早期の術後回復が可能になるように心がけています。さらに、一般的な患者様はもちろんのこと、80歳~90歳以上のご高齢の患者様に関しましても、適切な術前評価を行い、できる限り良い状態で安心して手術、麻酔を受けて頂けますよう努力しております。当院では主に整形外科、一般・消化器外科、肛門外科、眼科等の手術を行っています。 以下に麻酔に関する一般的な項目を説明させていただきます。

糖尿病内科

担当:高橋院長・桑村部長

糖尿病内科は日本糖尿病学会認定教育施設に認定され、専門的な糖尿病診療を提供するとともに、専門スタッフの育成も行っています。日本糖尿病学会専門医2名により専門外来を開設しています。

消化器内科

担当:澤村部長

消化器内科では、食道や胃腸などの消化管と、肝臓・胆嚢・すい臓などの臓器を対象とし疾患の治療や早期発見に努めております。

循環器内科

担当:川上部長

近年、生活の欧米化に伴い、虚血性心疾患をはじめとする循環器疾患が増加しています。循環器内科では、こういった循環器疾患の早期発見治療を行っています。

神経内科

【神経内科開設のご案内】
平成26年4月より関西医大の神経内科専門医による神経内科外来を開設します。対象となる領域は脳・神経の疾患です。具体的には脳卒中(脳梗塞・脳出血)などの脳血管疾患、パーキンソン病などの神経変性疾患が対象となります。毎週火曜日【夜診】のみの開設ですが、治療が難しい領域ですので専門的な診療を当院でもご提供できるようになります。
なお、うつ病や神経症、不眠症といった領域は心療内科(精神科)への受診となります。よく間違われる領域ですのでご注意下さい。

眼科

担当:山田孝子部長

白内障、緑内障といった眼疾患はもとより、糖尿病・高血圧といった疾患に関しても内科医と連携して診察を行っています。目に関して何か疑問に思うことがあれば是非ご相談して下さい。

泌尿器科

泌尿器科では、主に腎臓・膀胱・尿管・尿道などの尿にかかわる臓器や精巣・前立腺などの男性の生殖にかかわる臓器などを対象とし、その中で生じる疾患の治療や予防を行っております。

リハビリテーション科

担当:白川部長・泉部長

リハビリテーション科では、101床を有する回復期リハビリテーション病棟と外来リハビリテーションの診療を担当しています。リハビリテーション部のスタッフとともに充実したリハビリを提供して参ります。

心療内科

担当:林顧問

ストレス社会と言われる現代社会の中で生きる皆さまを、身体症状の様々なお悩みを含め、ココロの問題全般に対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

※心療内科は予約制となっております。

専門外来

・漢方診療外来
・特定保健指導外来
地域連携相談外来

その他の部門

診療科以外の体制は以下の通りです。

ページトップへ